料金・施術内容

料金

1回 3000円

初診料・再診料はいただいておりません。
他に料金はかかりません。

普通の治療院の相場に比べて安い料金設定で行っています。

安くできる理由

・ 自宅でやっているので場所代がかかっていません。( 子供の足音や犬の鳴き声が聞こえることもあります。)

・ 人を雇っていないので人件費がかかっていません。( 施術中に電話に出ることもあります。)

・ 紹介で来られる方が多いので広告費をあまりかけていません。

・ 気軽に利用してもらいたいという思いから

施術時間

症状などによって異なりますがだいたい60分程度かかります。
じっくり、しっかり、ゆるりと時間をかけて施術していきます。

きっちり60分で終わらないこともありますので少し時間に余裕をもって来院していただけると助かります。

施術の目標 当院で目指すもの

当院では

・80%の調子を自分でキープできる。
・はやめに筋肉の張りや疲れを感じるようになれる。
・1日の疲れを1日の睡眠で解消できる。

ようなカラダを目標として施術しています。

施術方法

当院では

  • 「筋トレで動きを整える」
  • 「手で筋肉を整える」 
  • 「鍼で自律神経を整える」

を組み合わせて施術を行っています。

「筋トレで動きを整える」

筋肉は様々な原因で弱くなってしまいます。
仕事などでの同じ動作の繰り返しだったり、日ごろのカラダの癖だったり、怪我をして使えなくなったり・・・

一度弱くなった筋肉は使えないままになってしまいます。そうすると使いやすい筋肉ばかり使うようになり弱い筋肉と強い筋肉のバランスがどんどん崩れてしまいます。

特に関節を安定させる筋肉が弱くなると色々な支障が出てきてしまいます。

そこで関節を安定させる筋肉を狙った筋トレで筋肉の出力を上げていきます。

関節を安定させる筋肉とは?

身体を動かすときに関節を固定して動きを安定させる筋肉のことをさします。

これらの筋肉がちゃんと働かないと動きの土台となる関節が安定しないので、回りの筋肉が必要以上に頑張らないといけなくなります。

たとえば膝を曲げようとしたときに膝を曲げる働きをする筋肉が「関節を固定する」+「膝を曲げる」と2つの仕事をしなければいけません。

しかし関節を安定させる筋肉がちゃんと働くと土台となる関節がしっかりするので、本来の「膝を曲げる」仕事に集中できるようになり、動きがスムーズになる・動かせる範囲が広がる・痛みが減るなどの変化がでます。

筋肉の出力とは?

筋肉が働くためには 「筋肉の太さ」と「筋肉の出力」が重要になってきます。

筋力と言って一般的にイメージされるのは「筋肉の太さ」だと思います。

筋肉が太ければ強い力が出せます。
日常生活の活動量に対する筋肉の太さがなければその仕事の量に負けて段々と固くなり痛みが出てきます。

対して「筋肉の出力」とは脳からの指令に対して何%筋肉が働いているかです。
脳から筋肉に「縮め!」と指令がでると筋肉が縮みます。縮むのに参加する筋肉が多ければ強く入りますし、少なければ弱く入ります。

筋肉の出力が下がってしまうと強く力を入れる指令が来ても少ない割合の筋肉しか働けなくなってしまいます。

筋肉が必要な太さがあっても筋肉の出力が上がらないと筋肉が力を発揮できないのでちゃんと力が入りません。

例えば、100kgを持ち上げる筋肉があっても50%しか力が出ないと50kg分の筋力となります。
その筋力で仕事するので筋肉の負担が増えてしまいます。

そこで筋肉の出力を上げるトレーニングをして力が入りやすくしていきます。
するとしっかり力が発揮できるのでカラダの負担も減らすことができます。

当院で行う筋トレは

当院では関節を安定させる筋肉の出力を上げるトレーニングをしていきます。
一番のポイントは弱くなってく使いづらい筋肉だけをトレーニングということです。

ピンポイントで5~10秒くらいしっかりと力を入れてもらいなるべく弱くなった筋肉だけが働くようにしていきます。

関節を安定させる筋肉が使えていない方は多いので初めのうちは施術後に筋肉痛が出るかもしれません。

「手で筋肉を整える」

普段カラダの動かせていない所は筋肉と皮膚・筋肉同士がくっついて動きが悪くなっています。

皮膚や筋肉がくっついてお互いに動きの邪魔をすると効率の悪いカラダの使い方になってしまいます。

その動きが悪くなった縮こまった場所を表面から深く奥の方まで少しづつ指を沈めていき気持ちよく伸ばし動きを取り戻していきます。

動きの邪魔をしていた部分をきれいにすることで動きやすいカラダになっていきます。

「鍼で自律神経を整える」

必要以上に頑張りすぎている神経を落ち着かせることを目的とし鍼で全身調節を行います。

不必要な緊張が取れてくると血流が良くなる・内蔵の働きが良くなる・うまくリラックスできるようになります。

鍼を打つ場所は基本的に「肘から手首」「膝から足首」あたりになります。

施術を受けた後に

施術を受けた後は関節を安定させる筋肉が働きやすくなっているのでカラダが動かしやすくなっています。

筋肉の出力が上がって力が出しやすくなると動きが大きくなるので筋肉も強く働き太くなりやすくなります。
しかし、何もしないとせっかく力が入りやすくなった筋肉の出力が落ち着いてしまい2・3日ぐらいで段々と元に戻ってしまいます。

ですので施術を受けた後の過ごし方が重要になっていきます。

カラダを動かして筋肉を強くして無駄のない動きに変えていきましょう。
無駄のない動きになるとカラダの疲れ方も変わってきます。さらに適度に動かしていくと血流が良くなり、睡眠の質も高くなり回復力が高まります。

カラダは動かしていけば変わっていきます。
当院をステップ台にして良いカラダを手に入れ、日々の生活を楽しみましょう。

症状別の施術の考え方

頭痛に対して

緊張性や片頭痛・群発性などいくつかのタイプに分けられますが、どのタイプの頭痛にも首周りの筋肉の硬さが悪さをしています。

硬くなった筋肉自体が頭の方へ痛みを出します。
また、筋肉が硬くなり動き悪くなると血管や神経の通り道を狭くすることもあります。

血管の通り道を狭くなって普段から血流の悪い状態が続いていると、運動やお風呂などで筋肉が緩んで急に血流量が増えると痛みを引き起こします。

また、神経の通り道が狭くなり神経を圧迫したり・引っ張ったりすることで痛みを引き起こします。

筋肉の固さは頭痛薬では取れませんので薬で痛みを落ち着かせても痛みの出やすいままとなっています。

施術目標として

首にかかる負担を減らすために肩関節・背骨・股関節回りを柔らかくし動きやすくします。
その結果、頭と首をつないでいる筋肉への負担が減り、柔らかくなることで頭への血流や神経の通り道をきれいにします。
それとともに自律神経を整えることで血管の緊張を取り血流を安定させることを目指します。

首の痛み・張りに対して

首肩の痛みをを長引かせてしまってる人は体中が固まっています。
そのカラダの固さやカラダの使い方で一か所に負担が集中しているので痛む場所を治療しても負担が集中してる状態を変えないとまたもとに戻ってしまいます。

長引いている首肩の痛みを改善していくには全身の固まっている所を柔らかくして、カラダにかかる負担を分散できるように変えていく必要があります。

施術目標として

首にかかる負担を減らすために肩関節・背骨・股関節回りを柔らかくし動きやすくします。
良い姿勢をつくる邪魔をしているカラダ前面(特にお腹・胸回り)・腰の奥の筋肉を柔らかくし伸びやすくします。
首・肩・背中への嫌な感覚を出す神経の通り道、特に背骨周りにできる塊を小さくしていきます。

自律神経を整えリラックスできるカラダに変えていきます。

腰痛に対して

腰痛を長引かせてしまってる人は体中が固まっています。そのカラダの固さやカラダの使い方で一か所に負担が集中しているので、電気治療やマッサージなどで痛む場所を治療しても負担が集中してる状態が変わらなければ、また生活しているうちに痛みが戻ってきてしまいます。

長引いている腰痛を改善していくには全身の固まっている所を柔らかくして、カラダにかかる負担を分散できるように変えていく必要があります。

施術目標として

肩関節・背骨・股関節回りを柔らかくし腰にかかる負担を減らします。
良い姿勢をつくる邪魔をしているカラダ前面(特にお腹・胸回り)・腰の奥の筋肉を柔らかくし伸びやすくします。
背中・腰・お尻への嫌な感覚を出す神経の通り道、特に背骨周りにできる塊を小さくしていきます。
自律神経を整えることでカラダをリラックスできるようにします。

東浦和の治療院ゆるり
タイトルとURLをコピーしました