「運動はストレッチをしています」

「なにか体を動かすようなことをしていますか。」と質問をすると「毎晩ストレッチはしています」と答えが返ってくることがよくあります。

たしかにストレッチをすると緊張させている筋肉や縮こまらせた筋肉が伸ばされて緩むので体がリラックスしやすくなります。リラックスを目的としているのであればそれでもいいでしょう。

ただこれを読んでいる方はリラックスでは肩こりや腰痛が改善していかない人たちだと思います。

実はいくらストレッチをしても筋肉の組織としてはあまり変化しません。

筋肉の仕事は「縮むこと」です。「伸ばす」は、ほかの筋肉の力で「伸ばされている」だけで筋肉を使ったわけではありません。

ですので筋肉を変えていくには「縮ませること」が大事になります。

ストレッチしても、揉んでも、鍼を刺しても、電気を当ててもダメなんです。
緊張している筋肉は緩みますが筋肉は変わりません。

自分で力を入れて縮ませる、できれば一番伸ばしたところから一番縮んだところまで動かす・大きく筋肉を動かしてあげてください。

縮ませれば筋肉は強くなります。
弱くなった筋肉が強くなれば動きが変わります。
動きが変われば筋肉の負担は減ります。
負担が減れば痛みが出なくなります。

タイトルとURLをコピーしました